もえあずの顔変わった?むくみの原因は糖尿病や整形?病気の噂も

大食いタレントとして大人気のもえあずさん。現在も様々な番組に出演しており8月21日にはデカ盛りハンター2時間スペシャルに登場。

しかし、この放送で登場したもえあずさんの顔が変わったと大きな話題を呼んでおり、病気や整形など様々な理由が憶測されています。

もえあずさんは過去に境界型糖尿病だと診断を受けていたのですがもしかしたらこの影響なのでしょうか?

もえあずさんの顔について考えてみましょう。


もえあずの顔が変わった?

まずは8月21日のデカ盛りハンターに登場したもえあずさんの顔を見てみましょう。

確かに顔がパンパンにむくんでおり、違和感を感じますよね。ちなみに過去の写真と見比べてみると違いが一目瞭然です。

なぜ現在はこの様に顔がむくんでしまったのでしょうか?もえあずさんは過去に境界型糖尿病という診断を受けていたのですがこの影響なのでしょうか?

もし病気だと考えると心配ですよね…


境界型糖尿病で顔が変わるのか?他の病気は?

境界型糖尿病とは糖尿病の一歩手前の段階であり、糖尿病と言えるほど高血糖ではないものの血糖値は正常値よりも高い状況を指します。

その為、境界型糖尿病と診断されてはいますがもえあずさんは糖尿病というわけではないんです。さらに境界型糖尿病は食生活や運動など生活習慣を改善する事で正常な状態に戻せる可能性もあるんです。

つまり、境界型糖尿病では顔がパンパンにむくれるというケースは考えられなさそうという事ですね。


では、別の病気なのではないかと考えてしまいますがこちらはどうなのでしょうか?顔がむくむ病気として考えられそうな物がこちらです。

顔がむくれる可能性がある病気
急性糸球体腎炎
急性腎障害
甲状腺機能低下症
百日咳
心臓弁膜症
月経前症候群
C型肝炎
劇症肝炎

急性の病気である腎炎や腎障害、劇症肝炎となると痛みなどでロケには参加できないでしょうからこちらは違うでしょう。

また、甲状腺機能低下症やC型肝炎に感染しているなら境界型糖尿病を発見した時の血液検査で判明している可能性が高いですがその様な噂はありません。

百日咳だと咳が出続け、現在の社会背景を考えると新型コロナウイルスという線から検査は受けるでしょう。

心臓弁膜症は先天的な病気となっているので可能性としてはありそうですが、生まれ持ったものなら今までにも顔がむくんでいても良さそうで、さらに発見に至るようにも思います。

しかし、その様な噂はないですよね。

最も可能性がありそうなの物が残った月経前症候群でしょうか?月経前症候群とは月経が開始する3~10日前から発生する身体的、精神的な不快感を主訴とする病気です。

女性は月経時には何かしらの不快症状を感じる人がほとんどのようで、月経前症候群はこの症状が強い場合を指します。

もし仮に月経前症候群となると今までも同じような事が起こっても良いと考えられますがもえあずさんが頻繁に顔がむくんでいる事は無かったですよね?

となると、むくみは病気のせいではないのかもしれません。


整形の可能性も?

病気以上に指摘されていたのが整形の可能性。ツイッターではたくさんの人が整形の可能性を示唆していました。

頬にヒアルロン酸注射を打ってそのせいでむくんているのではと考えている人が多かったです。また、現在は施術から肌が戻るまでの期間であるダウンタイム中とも言われていました。

しかし、仮に整形だとしたらダウンタイム中にロケに参加するかは疑問が残ります。

手もむくんでいる?

ツイッターには顔以外にも手もむくんでいるという投稿も存在します。

仮にヒアルロン酸注射や整形となると手までむくむのはおかしいですよね?となると何かしらの病気とも思えますが該当する物もなさそうです。


もし整形・病気でもないと考えるなら他に思いつくのはアレルギーです。

もえあずさんは仕事の関係上沢山の物を食べる必要があるので人以上にアレルギー症状を起こしてもおかしくはなさそうですよね。

アレルギー反応は場合によっては命の危険もある大変恐ろしい物です。ロケに参加したという事を考えると仮にアレルギーだとしても軽度ではあるのでしょうけどやはり心配ですよね。

アレルギー反応ではない事にも期待したい所ですがはたしてどうなのでしょうか?

もえあずの顔についてまとめると

今回はもえあずさんの顔について見てきました。

今回の記事のまとめ
8月21日出演のテレビで顔が変わっている
境界型糖尿病の影響ではないと考えられる
他の病気・整形・アレルギーの可能性も

顔がむくんでいる、変わっている原因は現在の所情報が少なく特定できませんが、病気やアレルギー反応で無い事を祈りたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク