三浦一光のプロフやwiki経歴は?学歴や出身高校や大学はどこ?

8月27日に放送されるカンブリア宮殿にはコスモス・ベリーズ株式会社の創業者の三浦一光さんが出演されます。

ボランタリーチェーン(VC)として消えゆく街の電気屋さんを支援しているコスモス・ベリーズ。

商品の仕入れを専門としており、大手家電量販店がひしめく現代でもコスモス・ベリーズのおかげで売り上げを伸ばしている街の電気屋もあるそうです。

そんなコスモス・ベリーズの創業者である三浦一光さんとはどの様な人物なのでしょうか?彼の経歴やプロフィールを中心に学歴や出身高校や大学について見ていきましょう。


三浦一光のプロフやwiki経歴は?

では三浦一光さんのプロフや経歴を見ていきましょう。

三浦一光さんのプロフ・経歴
名前:三浦一光(みうら かずみつ)
生年月日:1936年10月
出身:岐阜県


1956年 松下電器(現パナソニック)入社
1988年 西日本ナショナル電器㈱社長就任
1991年 松下エレクトロニクス㈱初代社長
1995年 松下電器ビデオ事業部再建
1997年 テイチクレコード社長就任
1999年 豊栄家電社長就任
2005年 コスモスベリーズ設立、会長就任
2020年 コスモスベリーズ株式会社取締役退任

1936年に生まれた三浦一光さん。現在は御年83歳を迎え既に引退していてもおかしくはないのですが、カンブリア宮殿などでも取り上げられ、とてもバイタリティーに溢れる人物です。


そんな三浦一光さんですが、2005年にコスモスベリーズを創業し、数々の再生案件に取り組んできました。特に大手家電量販店が台頭する現在では街の電気屋さんの再生にはかなり注目が集まっていますね。

元々は松下電器(現在のパナソニック)に入社し働いていたのですが、後に様々な部門の再生計画へと着手しています。特に目立った活動がテイチクレコードの復活でしょう。

テイチクレコードは復活へ

テイチクレコードは1961年から1999年まで松下電器の参加として運営されていた会社であり、石原裕次郎や三波春夫などそうそうたるメンバーが所属していました。

しかし、三浦一光さんがテイチクレコードの再建を任され社長に就任した時には年間18~20億という赤字を出しており、後が無い状況まで追い込まれていたのです。

再建まかされ社長に就任した物の三浦一光さんには楽譜も読めなく音楽的な知識はほぼ無い状況で、最悪潰しても良いと言われていたようです。

ところが歴史あるレコードが会社を無くすわけにはいかないと考え奮起。大幅なリストラを敢行するなど再生へと着手したのです。

特に目立ったのはイメージキャラクターに天童よしみを起用した事でした。松下電器北海道支店長だった時にイベントで天童よしみとは接点があり、1993年に紅白歌合戦に出場した経験を持つ彼女を抜擢したのです。


天童よしみさんは1996年に発表した「珍島物語」が大ヒットし、紅白に返り咲いています。

さらに1998年には新型インフルエンザ蔓延防止の魔除けキーホルダー「よしみちゃん人形」は若い世代で大きな話題となり、世代を超えた人気を獲得しました。

天童よしみさんの活躍もあり、テイチクレコードは復活。現在はパナソニックグループを離れてはいますが現存するレコード会社です。

豊栄家電社長に就任し、ヤマダ電機と合併

三浦一光さんは1999年に豊栄家電の社長に就任しました。豊栄家電こそが現在のコスモスベリーズの前身となった会社です。

ボランタリーチェーンとして活動していた豊栄家電ですが、三浦一光さんが就任時はピークを過ぎ、年商は徐々に低下していました。

ボランタリーチェーンとは本部を起き、いくつものチェーン店が助け合いビジネスを行うという事業展開を指します。最大の特徴は店舗やオーナー同士の繋がりが強く、様々な情報共有が出来るという点ですね。

そんなVC企業として経営していた豊栄家電はピーク時は110店舗・285億あった年商もコスモスベリーズ創業の直前は58店舗まで激減し、売り上げも減少しています。

この様な状況を打破する為に三浦一光さんが取った選択が他の量販店との共同事業や合併だったんです。

そして、この合併に興味を示してくれたのが当時のヤマダ電機の社長である山田昇氏であり、この時展開しようとしていたコスモス事業部という部署と合併。

ヤマダ電機のコスモス事業部とベリーズ豊栄というブランドを合わせて、コスモスベリーズという合弁会社ができあがりました。

この合併会社の展開によってヤマダ電機を通し仕入れを行うなど、個人で経営している街の電気屋さんに助力し、コスモスベリーズの支援を受けたお店は現在でも生き残れているんです。

コスモスベリーズ創業から15年経過した2020年に三浦一光さんは取締役を退任していますが、現在もテレビで取り扱われる等仕事に邁進しています。

以前に受けたインタビューでは生涯現役と語っていました!


三浦一光の学歴は?出身高校や大学はどこ?

様々な救済案件を成し遂げている三浦一光さんですが、学歴はどの様なものなのでしょうか?彼の出身大学や高校を調べてみました。

出身高校はどこ?

まずは出身高校ですが名前までは公表されていませんね。「岐阜の田舎の高校出身」と語っており地元岐阜県の高校であある事は間違いないのですが、具体的には不明ですね。

今後のテレビ放送などで語られる時があるかもしれませんので何かしら分かりましたら追記したいと思います。

大学はどこ?

続いて大学ですが、三浦一光さんの最終学歴は高校であり大学には進学していません。

元々は教師を目指し大学へと進学する予定だったそうなのですが、父親が名古屋で商売を始める為こちらを手伝う事となりました。

そして、当時アルバイトとして勤務していたのが松下電器の名古屋営業所であり、この繋がりからこちらに正社員として勤務する事となったそうです。


三浦一光さんについてまとめると

8月27日のカンブリア宮殿に登場する三浦一光さんについて見てきました。

今回の記事のまとめ
三浦一光さんは様々な再生事業に着手
テイチクレコードでは天童よしみと共闘
ヤマダ電機と合併しコスモスベリーズ創業
高校は不明
大学には通っていない

様々な再生事業に着手し、成功をおさめている三浦一光さん。生涯現役を発言しており、現在もテレビ出演など精力的に活動してます。

御年83歳ですが本当にバイタリティー溢れる人物ですよね。今後も益々活躍してくれる事を期待しましょう!


スポンサーリンク