アベノマスクに海外の反応は?費用やコストは総額でいくらかかる?

安倍総理より発表された布マスク・通称アベノマスクの配布がとても注目を集めています。

マスク不足の解消を狙って配布を決定したようですが、布製のマスクは繊維の隙間が大きくウイルスの吸引や飛沫の排出を防ぐことには期待できないと考えら効果にはやや疑問が残ります。

そして、それ以上に多くの人が疑問に思っているのがマスク配布にかかる費用でしょう。1枚200円のマスクを配布するには総額200億円以上が必要だと言われており、給付金を求めている人たちからは避難の声があがっているのは頷けますよね。

世界からも「冗談だろ?」とまで言われている今回のアベノマスク。費用や海外の反応を見ていきましょう。




アベノマスクに海外の反応は?

布マスクの配布が発表されるとアベノミクスにかけて話題となったアベノマスク。

この話題は日本国内では収まらず、海外メディアにも取り上がられ、冷笑や揶揄の標的となっていました。

2枚って...
エイプリルフールネタじゃないよね?

OMFG(Oh, my fucking God=何てこったい)

彼らはオリンピックのせいでもう金欠なんだろう。

日本政府は新型コロナウイルス対策に失敗した… 彼らは早期に対応せず、武漢と中国からの渡航者を禁止すべき時に禁止せず、今日まで感染者数をごまかしてきた。

布製のマスクじゃウイルスから身を守れないだろ...

海外からはかなり厳しい意見が頻発しており、今回の政策がうまく行かない事を確信しているようです。

しかし、海外以上にこの政策に疑問を持っているのはやはり新型コロナウイルスの影響で収入が激減してしまった国民の人々でしょう。彼らからは布製のマスクを配布するお金があるのなら給付金に回すべきだという声が数多くあがっているんです。




アベノマスクの費用は総額でいくらかかる?

今回注目を集めているアベノマスクですが、費用として総額200億円以上が必要だと言われています。


今回のマスク送付対象となるのは全5000万世帯と言われています。そして、布マスク生産には1枚200円が必要となっており、「世帯2枚配布」という点を合わせて考えると生産コストは「400円×5000万=200億円」となります。

また、この費用以外にも送料が必要となる事も忘れてはいけません。

定形郵便物・定形外郵便物の郵送料として最低の金額は84円(25g以内)となっており、「84円×5800万=48億7200万円」が送料として必要となります。送付方法として「日本郵政の全住所配布のシステムを活用」と発表されていますので送料はこの金額以下となる可能性はありますが、少なく考えても億の費用が必要となるのは間違いないでしょう。

ざっくりした計算ですがマスク代+送料を考えると200億円+49億円=250億円となり、当初言われていた200億円を軽く上回る結果となってしまっています。

アベノマスクの費用
  • 全5000万世帯に配布
  • 1世帯2枚
  • マスク一枚は200円
  • マスク生産で200億円
  • 送料が約49億円
  • トータル約250億円の費用が発生

これだけのお金を動かすなら新型コロナウイルスで収入が激減した家庭への給付金として使用する声が多いのも納得でしょう。

さらに、今回の布マスクは新型コロナウイルス対策としては不十分だと言われているのも問題となっています。


アベノマスクは効果なし?

冒頭でもお話したように布マスクの繊維は隙間が大きく、新型コロナウイルスウイルスの吸引や飛沫の排出防止には不適切だと言われています。

コロナウイルスは0.1μm程度の大きさと言われています。この大きさに対して布マスクの繊維の隙間は種類にもよりますが、5μmの飛沫も通過する事が多いようです。


過去にサージカルマスク(ドラッグストアなどで発売されているマスク)と布マスクにおける臨床試験が行われた事がありました。

インフルエンザの様な症状を発症している患者さんがいる病棟で医療従者をサージカルマスク着用と布マスク着用の2グループに分け臨床実験が行われたところ、布マスクの感染リスクはサージカルマスクよりも高く、布製は医療従事者へは推奨しないという論文が発表されています。

医療従事者を、医療用マスク(不織布製のサージカルマスク)をしたグループ、布マスクをしたグループなどに別けて行ったランダム化比較試験では、インフルエンザ様症状の患者さんがいる病棟やウイルス感染が確認された病棟においては、布マスクは医療用マスクよりも、統計学的にリスクが高くなる。このため、感染リスクが高い場合には、布マスクは医療従事者に推奨しないという論文があります。

医療従事者向けの実験とはなっていますが、布製のマスクの方がリスクが高いことは分かっていただけるでしょう。

また、WHOの資料には新型コロナウイルスが人から人へと移っていくために看護状況において感染予防を考えた場合、布マスクは推奨しないという内容まであります。

WHOの資料においては、新型コロナウイルス感染症のヒトからヒトへの感染を防ぐ観点から、様々な看護状況において感染予防を考えた場合、布マスクは推奨しない、という内容もあります。

感染対策として全くのゼロという訳では無く、洗って使用できるという利点はありますが、布マスクの配布に疑問を持っている人が大勢いるのは頷ける話となっています。

アベノマスクの配布時期は?

最後にアベノマスクの配布時期を見ておきましょう。

安倍総理によると布マスクは再来週から感染者数が多い都道府県より順次配布を開始すると発表されています。

安倍首相は布マスクについて「再来週以降、感染者数が多い都道府県から順次配布を開始する予定」と語り、使い捨てマスクの確保にも引き続き全力をあげる方針を示している。

新型コロナウイルスの感染者が最も多いのは現在東京都となっていますのでこの地域からアベノマスクが配布されるでしょう。具体的な配布日時などは決まりましたら追記していきますのでお待ち下さい。



アベノマスクについてまとめると

今回は全国の世帯に普及が決定し注目を集めている布マスク、通称アベノマスクについて見てきました。

深刻なマスク不足を解消するために安倍政権より発表された布マスクの配布。しかし、莫大な費用が必要な点や布マスクが感染防止には適さない事から今回の政策に疑問を持っている人が多く、海外からも厳しいコメントが相次いでいます。

200億円以上の費用を使い行うことかと言えば確かに疑問に思えますし、その分を給付金に当てて欲しいと意見も納得できるでしょう。

様々な面から疑問が持たれるアベノマスク。この政策がマスク不足解消への足がかりとなってくれることを期待したいですが、現状は難しいかもしれませんね。

キャッチ画像引用:https://www.fnn.jp/articles/-/27857


スポンサーリンク